車体の塗装

この連休に車体の塗装をしました。

手順は
・手すり、サボのプライマーの吹きつけ(マッハ メタルシールプライマー)
・車内の塗装(Mr.COLOR42 マホガニー)
 車内のニス塗りの感じをだしたく塗装。手元にいい色がなかったのマホガニーで塗装
・車内をマスキングをしてベースホワイトの吹きつけ
・アンチクライマーの塗装(GM鉄道カラー14 灰色9号)
・アンチクライマーをマスキング
・車体の塗装(CP鉄道カラー 名鉄スカーレット)
・車体をマスキング
・屋根の塗装(GM鉄道カラー ダークグレー)
で完了

b0105773_11392318.jpg
車内はこんな感じ

b0105773_11393254.jpg
屋根から見るとこんな感じ

全部塗り終わってマスキングをはずす段階でトラブル。
アンチクライマーに塗ったマスキングゾルがうまく剥がれずあちこちを傷つけてしまった。
そしてカスを飛ばす為にエアーブローを使ったところ、その傷からエアーが入り前面腰部の塗装が完全に剥がれ落ちた・・・

b0105773_11394045.jpg
で、こんな感じ。上記2枚の写真の前面部にマスキングがされているのは再塗装準備の為。

原因は多分マッハのメタルシールプライマー。原液では濃そうなのでレベリング薄め液で1:1で使ってますがどうもこれがダメらしい。
金属部はともかくプラやレジンにはまったく食いつかない。前回名鉄キハ30(レジン製)の塗装も同様な現象になってしまった。

金属部品を多用するとどうしても起こる問題なので近々解決させねば・・

で、今回は腰部のみ直接再塗装を試みます。仕上がりがダメそうならIPAプールにてきれいにして一から再塗装です。

・マッハのメタルシールプライマーの希釈はどのくらいがベストか?
・アンチクライマーの塗装は組み立て後か組み建前がよいのか?
 (マスキング方法が難しい・・)

知っていたら教えてください。

【追記】
ま、当然ながら仕上がりも悪く、マスキングしたおでこの塗装も剥がれてきたのでIPAプール行きとなりました。
再塗装はいつになるのでしょうか・・・
[PR]
by panoramacar | 2008-01-14 11:53 | 【完】名鉄AL809F

鉄道模型をメインに模型に関することを書き綴ってます。


by panoramacar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30