「ほっ」と。キャンペーン

鉄道模型をメインに模型に関することを書き綴ってます。


by panoramacar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:【完】650形(フリーEL)( 5 )

ついに動力ユニット入手

しばらく手に入らなかったKATO11-105「小型車両用動力ユニット 通勤電車1」がメーカーサイトにて売られていました。
他のショッピングサイトではまだ売っていないようなので、メーカーサイトから購入しました。

本命の動力ユニットが来たので早速とマグネマティックカプラー化をしました。
気づいたのがはるか昔KATOの当時ケディカプラーと呼ばれていた時代はカプラーポケットのアダプタはプラスチックだったのに現在は金属のパーツに変わっていました。
もしかしたらずっと前に変わっていたかもしれませんがKATO販売のマグネ・マティックカプラーを購入するのはもう20年近く前の話ですからねぇ。^^;

カプラーを変更した後は塗装です。台枠の正面は黄色の帯にあたるので正面部分のみを黄色にモーターを押さえているプラスチックのカバーを機関車の内張り同等のグリーン(伊豆急ペールブルー)にて塗装、床下タンクをねずみ色1号にて塗装いたしました。
タンクは取り付け方法を考えていないのでタンクがまだ取り付けてありません。

b0105773_2347886.jpg
手前がカプラー変更と各種塗装済みの動力ユニット、奥が本命が届くまで使用していたノーマルの動力ユニットです。
ほとんど中は見えないでしょうがこうやって中も塗装すると気持ちが違うもんですね。
いつか乗務員を取り付けてみようかとも思っています。

b0105773_234902.jpg
マグネマティックカプラーは取り付け高さやピンのチェックは終わり、アンカプラー線路による開放のテストも済ませてあります。
やはり組みあがってみるとマグネマティックカプラーの雰囲気はいいですね。

名鉄の車両はこのタイプのカプラーなので違和感はないですし機能上も楽しめるのでマグネマティックカプラーはやめられません。
[PR]
by panoramacar | 2007-09-02 23:55 | 【完】650形(フリーEL) | Comments(0)
さて、アルナインの10分くらいで形になるとても簡単なBB凸電も製作が完了いたします。

下周りが予定というか希望のが無いので見た目が超最新の足回りです。
下回りを入手後には下回りをいじりたいと思いますがここで一旦製作完了といたします。
b0105773_16205214.jpg


名古屋鉄道 デキ650形(フリー) 651(S50頃想定)
【落成】2007年7月28日(仮台車でロールアウト)
【キット名】とても簡単なBB凸電
【メーカー】アルナイン(アルモデル)
【動力】KATO小形車両用動力ユニット11-107通勤電車2(⇒11-105通勤電車1に換装予定)
【カプラ】アーノルド(⇒KATO MT-10マグネマティックカプラー装着予定)
【パンタ】GM PS-13
【カラー】黒と前面ゼブラ塗装
【加工ポイント】ヘッドライト(銀河モデルN-012旧型国電用250w)、
         テールライト(BONA P-201釣り掛け式テールライト)、
         乗務員手すり(真鍮線0.3mm)、
         正面手すり(真鍮線0.4mm、割ピン止)、
         開放テコ(真鍮線0.3mm、割ピン止)、
         ランボード(リトルジャパン3800系キットから流用)、
         ヒューズボックス(GM5500系キットから流用)、
         ボンネット上BOX(0.5mmプラ版重ね、真鍮線0.5mmでボルト表現)

b0105773_16212823.jpg

[PR]
by panoramacar | 2007-07-28 16:25 | 【完】650形(フリーEL) | Comments(0)
先週末はパーツの仕入れと作業を行ないました。

仕入れパーツ
・KATO小型動力ユニット(11-107)通勤電車2
・KATOマグネマティックカプラー(11-711)

本当は、小型動力ユニットは(11-105)通勤電車1が欲しいのですが、現在品切れで入手不可能。
今回の動力ユニット本体とのあわせの確認をしたいので代替えとして購入。
いずれは11-105入手します。(あるお店では7月下旬入荷予定とありました。今って・・・)

作業
・黒い手すりをやすって黄色に磨きだし(残ってしまう黒はホワイトベース、黄色の順に筆塗り)
・ボディを1000番、2000番で軽くやすりインレタで車体番号(651)を貼り付けクリアを吹く
・開放てこ、固定用の割りピンをプライマーベースホワイト、黄色の順に筆塗りをしとりつけ
・パンタグラフをばらし、土台とシューをプラスチックプライマを拭いた後、グレーで筆塗りをし、シューを中心に色指し
・窓ガラスの取り付け

ここまで来てボディは一気に完成させようと思ったのですが・・・・・
以前作っておいたランボード、ヒューズBOXが行方不明。別によけておいたのが災いして紛失しちゃいました。
その為、屋根周りの取り付けが一時中断となりました。

残作業
ランボード、ヒューズBOXの捜索or製作
屋根周りの取り付け
小型動力ユニット(11-105)の入手とマグネマティック化および色指し
ユニット中央下部にタンク取り付け
排障器、ATS車上子が取り付け(可能なら)
よく落下させてしまうので落下時の色欠けの補修

今回のパーツの仕入れの際に国鉄ED29(戦後東芝標準機)を入手しましたので本物のデキ600が作れそうです。
専用の動力機構になっており作るのはかなり難しそう??でした。
[PR]
by panoramacar | 2007-07-23 09:43 | 【完】650形(フリーEL) | Comments(0)

天気がよかったので

今日は台風も過ぎ午前中から天気がよく(暑いし蝉が鳴くし・・)急遽塗装をする事にしました。

Nゲージの場合なぜか車体の外側は塗りますが内側(車内)を塗りません。
最近の完成品は中も作り込むようになってきているし、やはり車内の塗装は必要でしょう。

ということで電機とはいえ車内、車外塗装しました。
真っ黒の電機なので塗装行程は楽なはずなんですが意外にも手間取ってしまいました。

内側の塗装
1.外側をマスキング。(とくに窓から入り込まないように)
2.マッハのメタル用シールプライマー吹きつけ。
3.伊豆急ペールブルー吹きつけ。
外側の塗装
4.内側をマスキング。(とくに窓から入り込まないように)
5.マッハのメタル用シールプライマー吹きつけ。
6.ベースホワイト+黄色を吹きつけ。
7.屋根にねずみ色1号を吹きつけ。
8.屋根をマスキング。
9.裾部を中心に全体に黄色吹きつけ。
10.裾部と前面の黄色部をマスキング。
11.全体に黒(今回はたまたま手元にあったセミグロスブラック半艶を使用)を吹きつけ。

が、今日までの行程でした。

マスキングにICテープを利用したのですが厚みがあるので短い部分やICテープ同士の重ねに弱いこ事がわかりました。
前面はきっちり寸法出したくてICテープを利用したのですがかなり吹き込んでいます。
また、手すり類は一旦黄色に塗っているのでマスキングして黒色の吹きつけとも思ったのですが、マスキングゾルがなかなかきれいに剥がれないので黒吹きつけ後に再度黄色を塗るだんどりにしました。

b0105773_2375169.jpg
b0105773_2375876.jpg
b0105773_238492.jpg

細部の修正と色さしをし、小物取り付けが残っています。

さて、このフリー電機何系にしましょうか。
形はデキ600に近いので単純にデキ650形(651)なんてしましょうかね。
動力ユニットをそろそろ調達しないと完成しても走らせることが・・・・
[PR]
by panoramacar | 2007-07-16 23:13 | 【完】650形(フリーEL) | Comments(0)
アルナインの「とても簡単なBB凸電キット」1、980円。
少し前に入手していました。

”10分で出来る、接着剤、半田付け不要”

こんな風な謳い文句の真鍮キットです。

TOMIXのホキ800を購入したこともあり、引かせるデキがないので手をつけてみました。
確かに、サクサクと進めていくと10分も無しで形になりました。
ただ、のっぺりとした感じがし、力強いデキのイメージではありません。
接着剤でちゃんと固定して適当に部品付けてぇ・・・・、なんて軽く考えていたのですがこれがかなり大変な作業に。
b0105773_012588.jpg

フリーのELですが名鉄のデキ600風にしていきたいと思います。
まず、
1.ボンネットから正面にかけては左右に隙間があるのと、前面部分は爪を折って止める所を接着剤止めをして爪は撤去しました。
2.ボンネット上部にはいろいろ乗っているので似た雰囲気のBOX(6角ボルト締め風)を乗せるために0.5tを2枚重ね、ボルトはφ0.5の真鍮線で表現してあります。
3.乗務員ドアの手すりの取り付け穴、ボンネット先端の手すり穴、ヘッドライト取り付け穴、屋上にはランボード(キットのあまりパーツ)の取り付け穴とヒューズBOX(キットのあまりパーツ)の取り付け穴をあけます。

b0105773_0122393.jpg

4.乗務員ドアの手すりをφ0.3、ボンネット先端の手すりはφ0.4と割りピンにて作成。
5.デキの1次側、2次側を示すプレートを取り付けます。
まだ、若干の取り付けが済んでいませんが塗りわけの関係上あまりごてごてと先に付けられません。

手すり類の取り付けは今回が初めてで、何度も空け直し(ボディ穴だらけ・・^^+)をしたり何本もの手すり(真鍮線)をダメにしたりとかなり時間がかかっています。
まぁ、ここまでくると塗装と足回りの取り付けになるので楽しみな感じになっています。

残)開放てこ、エアホース、骸骨テール、ヘッドライトなどの取り付け
[PR]
by panoramacar | 2007-07-15 00:29 | 【完】650形(フリーEL) | Comments(0)