「ほっ」と。キャンペーン

鉄道模型をメインに模型に関することを書き綴ってます。


by panoramacar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:【完】名鉄AL809F( 8 )

モ809完成(^_^)

b0105773_18313041.jpg

名古屋鉄道 800系809F (S57頃想定)
【落成】2007年3月23日
【キット名】名鉄800系2両セット
【メーカー】リトルジャパン
【動力】鉄道コレクション18m級(TOMYTEC TM-06)
【台車枠】U型イコライザ(TOMYTEC TD-01)
【カプラ】マグネ・マティックカプラ(MICRO-TRAINS1023)
【パンタ】GM PT-43
【カラー】ボディ:CPカラー101(スカーレット)にGMカラー27(西武レッド)、Mrカラー68(モン
         ザレッド)を少量
     仕上げ:MR.カラーCL184スーパークリアーⅡにMR.カラー30フラットベースを2:1
     屋根:GMカラー35(ダークグレー)とMrカラー42(マホガニー)を4:1
【加工ポイント】乗務員ステップ(銀河モデルN-028)、
         排障器(TAVASA PN-451)、
         ワイパー(銀河モデルN-039)
         正面手すり(真鍮線0.3mm)、
         行き先サボ、種別サボ(スチールペーパーからの自作)
         ※床下機器はローレリーフ状にて取り付け。飛び出ているモータ部はつや消し
         黒で塗装。(写真で見てもモータ部は全然分かりません。)

b0105773_19103882.jpg

2両セットの構成でしたが、両運のモ809だけの製作となりました。余ったク2310形相当はどうしようかまだ決まってません。

名鉄の中でも単行という独特の雰囲気がたまりません。特にオリジナルの800系単行はデザインが優雅でとても好きな部類です。
今回のキットはかなりの数を所有しているので800系列を全編成を作ってみたいですね。
そして今回のモ809は自走可能にしているので他のAL車達との連結が楽しみです。
[PR]
by panoramacar | 2008-03-23 19:26 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

色指し

臨時でトヨダG1トラックの作成があったり、ホワイトデーという事でお菓子を焼いたりとここ数週間忙しかったです。
ようやく鉄道に帰ってきました。

名鉄のモ809ですがアルミサッシ、アンチクライマー、戸袋のHゴムの色指しを行いました。
そもそもまともに色指しをしたのは何度目?というくらいやったことなかったのですが筆で塗ってみました。
b0105773_2134222.jpg

正面窓の色指しは初めてかな?とりあず何とか形になりました。さて、これで窓セルを入れて完成間近思ったところで気づきました。
側面の乗務員ドアのアルミサッシ・・・塗り忘れました。今まで以上に細かい場所。

今日はパンタグラフの塗装をして完了としましょう。((((((^_^;)ニゲヨッ

b0105773_2174941.jpg

[PR]
by panoramacar | 2008-03-16 21:08 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)
この3連休の初日にはボディーのクリア吹きの予定でしたが、大雪の為最終日の今日までずれ込みました・・・・

インレタのコート用にクリアーを吹いて見ることに。
前回、電機ではうまく吹けたけど(ボディーが黒なんで多少の事は気にならない)電車の車体を吹くのは初めて。(前作の3800系のインレタは一部はげかけ始めています。><)
かなり緊張しつつも今後の事を考えるとやるしかない。

まず、車体内側と屋根をマスキングをした後に半艶クリアーで吹きました。半艶クリアーはMR.カラーCL184スーパークリアーⅡにMR.カラー30フラットベースを2:1程で調合しました。クリアーのみではテカテカ過ぎて旧車っぽくなさそうなので半艶にしてみました。
b0105773_21453816.jpg


種別サボは2度目の作成で塗装、取り付けまで完了しました。種別サボと行きサボを付けてみました。
b0105773_2241171.jpg

この3連休は上記内容と排障器の色塗りまで完了。とりあえず半艶クリアーの出来はまずまずといったところでしょうか。
実際にインレタが剥がれなければOKなのですが。

残るは色指し、パンタ取り付けをしたら完成かな。
[PR]
by panoramacar | 2008-02-11 22:03 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

ボディの塗装

今日は下地まで塗ってあったので本塗装を行いました。

ボディ色の赤はCPカラー101(スカーレット)をベースにGMカラー27(西武レッド)、Mrカラー68(モンザレッド)を少量づつ混ぜ、GMカラー9(ねずみ色1号)を数滴たらしました。
屋根はGMカラー35(ダークグレー)とMrカラー42(マホガニー)を4:1の割合で混ぜました。

ボディーは鮮やか過ぎる感じがしたので色のトーンを落としてみました。
屋根はグレー一色ではきれい過ぎる感じがしたので赤茶っぽい色を追加しています。

b0105773_1544974.jpg


側面と前面にインレタを貼りました。前面の小さい数字をつけるのはあまり好きではありません・・・

後は、クリアー(半艶)でコートした後に各種色指しを行います。

並行して種別サボの製作もしていたのですがただいま紛失中です。_| ̄|○ ガクッ
とりあえず行き先サボのマグネットを付けてみました。
こんな感じです。
b0105773_1584356.jpg

種別サボを作り直して両方付けてみたいものです。
[PR]
by panoramacar | 2008-02-03 02:01 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

再塗装開始

IPAプールから復活です。
細かい部分を含め全ての塗装をきれいにしました。

こちらは行きサボをプライマーで吹いた後に接着し、手すりを筆でプライマーを塗り下地塗装までしました。
種別サボも下地まで塗ってあります。こちらは塗装完了後に取り付けとなります。
b0105773_092321.jpg


今回はうまく仕上がるといいのですが。
[PR]
by panoramacar | 2008-01-28 00:10 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

車体の塗装

この連休に車体の塗装をしました。

手順は
・手すり、サボのプライマーの吹きつけ(マッハ メタルシールプライマー)
・車内の塗装(Mr.COLOR42 マホガニー)
 車内のニス塗りの感じをだしたく塗装。手元にいい色がなかったのマホガニーで塗装
・車内をマスキングをしてベースホワイトの吹きつけ
・アンチクライマーの塗装(GM鉄道カラー14 灰色9号)
・アンチクライマーをマスキング
・車体の塗装(CP鉄道カラー 名鉄スカーレット)
・車体をマスキング
・屋根の塗装(GM鉄道カラー ダークグレー)
で完了

b0105773_11392318.jpg
車内はこんな感じ

b0105773_11393254.jpg
屋根から見るとこんな感じ

全部塗り終わってマスキングをはずす段階でトラブル。
アンチクライマーに塗ったマスキングゾルがうまく剥がれずあちこちを傷つけてしまった。
そしてカスを飛ばす為にエアーブローを使ったところ、その傷からエアーが入り前面腰部の塗装が完全に剥がれ落ちた・・・

b0105773_11394045.jpg
で、こんな感じ。上記2枚の写真の前面部にマスキングがされているのは再塗装準備の為。

原因は多分マッハのメタルシールプライマー。原液では濃そうなのでレベリング薄め液で1:1で使ってますがどうもこれがダメらしい。
金属部はともかくプラやレジンにはまったく食いつかない。前回名鉄キハ30(レジン製)の塗装も同様な現象になってしまった。

金属部品を多用するとどうしても起こる問題なので近々解決させねば・・

で、今回は腰部のみ直接再塗装を試みます。仕上がりがダメそうならIPAプールにてきれいにして一から再塗装です。

・マッハのメタルシールプライマーの希釈はどのくらいがベストか?
・アンチクライマーの塗装は組み立て後か組み建前がよいのか?
 (マスキング方法が難しい・・)

知っていたら教えてください。

【追記】
ま、当然ながら仕上がりも悪く、マスキングしたおでこの塗装も剥がれてきたのでIPAプール行きとなりました。
再塗装はいつになるのでしょうか・・・
[PR]
by panoramacar | 2008-01-14 11:53 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

足回りの加工

久々の製作となりました。

新年早々に塗装というのもなかなかいいもので。w

前回の記事からの進捗はというと

・ヘッドライトの取り付け
・ベンチレーターの取り付け
・ランボードの取り付け
・鉄コレの動力車の組み込み
までが昨年中にやってありました。

今回この動力車に床下機器を取り付けました。

鉄コレの動力車の中央部に飛び出してる部分をつや消し黒に塗装します。
床下機器をランナーごとねずみ色1号で塗装します。

その脇に図面どおりの床下機器を取り付けるわけですが、スペース的に足らない場所はローレリーフ状に加工して取り付けます。
こんな感じです。↓
b0105773_22362851.jpg
雰囲気は分かるでしょうか。

そして横から見た感じはこなります。↓
b0105773_22371285.jpg


結構いい感じに仕上がりました。
この鉄コレの床のフレームですが通常のプラスチック用の接着剤が使用出来るというのがいいですね。気楽にしかも強力に着きます。

次は前面の手すりとサボ受けを取り付けたらボディ塗装。
足回りはマグネマティックカプラー、乗務員ステップ、エアーホース、ジャンパー線の取り付け。
といった作業になっていきます。
[PR]
by panoramacar | 2008-01-06 22:52 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)

我慢出来ずに・・・・

3800系がまだ完成してないというのに・・・
850系が製作出来るというキット構成は届いて未開封のまましばらく放置とは出来ませんでした。w

850系は前面と側面の合いが悪そうなのと、側面以外に屋根、床の切断位置を考えないといけない事ことから今回はパス。

800系といえば単行でしょうということで809ベースで両運を素組みしてみました。
3800系と同時進行すると思うのでこちらもダークグリーンかな?

800系のキットは3800系と比べるとちょっと出来が悪い感じです。

b0105773_02870.jpg
b0105773_021558.jpg


写真でも分かるようにリベットの表現が強いとも思いますが、塗装後どうなるのか楽しみです。
[PR]
by panoramacar | 2007-07-02 00:03 | 【完】名鉄AL809F | Comments(0)